家を売ることでかかる税金の控除について

控除について専門の業者からアドバイスを頂こう


このように税金や特別控除などの知識は今まで家を売ったことがない人の中には知らない人も少なくないです。そのため、できるだけ負担を少なくするためにサポートを受けて家などの不動産の売却を行うのが一般的になります。サポートしてくれる業者には不動産屋を挙げることができます。

不動産屋との契約日本には販売だけでなく、家を売りたい人の売却をサポートする業者が少なくないです。
売却方法には不動産買取や買手を募り売却をすることを挙げることができますが、仲介や直接買い取りを行うところもあります。
基本的に不動産屋さんは不動産を主に扱うため、そこで働くスタッフの中には不動産に関する知識が豊富にある人が担当します
そのため、特別控除などの税金の控除について詳しい方がいるため、初めて売る人でも安心してサポートを受けることが可能です。

しかし、全ての不動産屋さんから望んだサポートを受けられるということではありません。不動産屋さんそれぞれでサービス内容やサポート体制が異なるからです。もし家を売ることを検討している人で特別控除などのアドバイスを受けたいと考える人はその不動産屋さんの実績やサポート体制を確認してから選択するようにしましょう。実績が豊富であれば今まで対応してきた数が豊富なので知識のあるスタッフからサポートを受けられる可能性があります。


特別控除について


家を売ることで発生する税金は複数挙げることができますが、その一つに譲渡所得税を挙げることができます。譲渡所得税は譲渡所得にかかる税金です。譲渡所得は家を売った時に得られる利益のことです。基本的に家を売ることで現金化できますが、その現金は結果的にプラスの利益にならない人もいます。実際に課税譲渡所得は売却価格から購入費と譲渡費用を引いて算出されます。もし課税譲渡所得がマイナスの人は譲渡所得税の支払いは行わなくてもいいです。

一方で譲渡所得がプラスの人はその利益に応じて税金を支払うことが求められます。利益が大きい人は税金の支払いも高くなるので負担を感じる人がいますが、現在では特別控除を受けてその負担を少なくできます。

家を売った後は必ず確定申告が必要ですし、購入金額より売却金額が高かったなど利益が出た場合は譲渡所得税が発生し、税金を払うことになります。この税金に関しても3000万円の特別控除や、軽減税率の特例などがあり、自分で申請する必要があります。税務署の窓口の人は、教えてくれません。

控除を受けられたマイホームを購入する度に譲渡所得税を支払うと売却する人が少なくなったりやり取りに手間がかかったりするので、特別控除を受けられるようになりました。
特別控除では譲渡所得から更に3000万円を差し引くことができます
つまり、もし譲渡所得が2000万円プラスの人でも特別控除を受ければ結果的にマイナス1000万円になるので譲渡所得税を支払わなくても売却をすることができます。
そのため、特別控除を受けることで売り主の負担を少なくできます。


家を売ることでかかる税金の控除について知ろう


現在、既にマイホームを持っているご家族は珍しくありません。例えば比較的土地の価格が高い都会の地域でも少し街から外れたところには住宅地が広がる場所もあります。また、田舎であれば都会に比べて土地の価格が安いので広い土地を購入してガーデニングなどを楽しむために庭を設けることも可能です。

家と税金このように家を購入する機会も少なくないですが、必要亡くなった人の中には家を売る人もいます。
例えば家を売ることで税金を支払うリスクなどを減らすことができます。
実際に所有するためには固定資産税などの税金を毎年支払う義務が生じます。
現在では新築を購入した人は固定資産税を一定期間免除してもらうことができますが、その後は支払うことが求められます。
また、管理に手間を感じる人もいます。
実際に自分で住んでいる家であれば管理の負担は当然と考える人もいますが、利用していない家の管理は負担が大きいです。
例えば、両親がお亡くなりになり、両親が所有する不動産を自分以外管理できないという状況に陥る人も多いです。
当然管理だけでなく税金などの費用負担もかかります。

家を売ることで税金や管理の手間を少なくできる可能性がありますが、売ることで税金がかかることもあります。そのため、初めて売る人の中にはどのような税金がかかるのかや、控除などを利用できるのかを知りたいと考える人も少なくないでしょう。今回は家を売ることで発生する税金や、その税金の控除について紹介します。