現在、既にマイホームを持っているご家族は珍しくありません。例えば比較的土地の価格が高い都会の地域でも少し街から外れたところには住宅地が広がる場所もあります。また、田舎であれば都会に比べて土地の価格が安いので広い土地を購入してガーデニングなどを楽しむために庭を設けることも可能です。

家と税金このように家を購入する機会も少なくないですが、必要亡くなった人の中には家を売る人もいます。
例えば家を売ることで税金を支払うリスクなどを減らすことができます。
実際に所有するためには固定資産税などの税金を毎年支払う義務が生じます。
現在では新築を購入した人は固定資産税を一定期間免除してもらうことができますが、その後は支払うことが求められます。
また、管理に手間を感じる人もいます。
実際に自分で住んでいる家であれば管理の負担は当然と考える人もいますが、利用していない家の管理は負担が大きいです。
例えば、両親がお亡くなりになり、両親が所有する不動産を自分以外管理できないという状況に陥る人も多いです。
当然管理だけでなく税金などの費用負担もかかります。

家を売ることで税金や管理の手間を少なくできる可能性がありますが、売ることで税金がかかることもあります。そのため、初めて売る人の中にはどのような税金がかかるのかや、控除などを利用できるのかを知りたいと考える人も少なくないでしょう。今回は家を売ることで発生する税金や、その税金の控除について紹介します。