家を売ることで発生する税金は複数挙げることができますが、その一つに譲渡所得税を挙げることができます。譲渡所得税は譲渡所得にかかる税金です。譲渡所得は家を売った時に得られる利益のことです。基本的に家を売ることで現金化できますが、その現金は結果的にプラスの利益にならない人もいます。実際に課税譲渡所得は売却価格から購入費と譲渡費用を引いて算出されます。もし課税譲渡所得がマイナスの人は譲渡所得税の支払いは行わなくてもいいです。

一方で譲渡所得がプラスの人はその利益に応じて税金を支払うことが求められます。利益が大きい人は税金の支払いも高くなるので負担を感じる人がいますが、現在では特別控除を受けてその負担を少なくできます。

家を売った後は必ず確定申告が必要ですし、購入金額より売却金額が高かったなど利益が出た場合は譲渡所得税が発生し、税金を払うことになります。この税金に関しても3000万円の特別控除や、軽減税率の特例などがあり、自分で申請する必要があります。税務署の窓口の人は、教えてくれません。

控除を受けられたマイホームを購入する度に譲渡所得税を支払うと売却する人が少なくなったりやり取りに手間がかかったりするので、特別控除を受けられるようになりました。
特別控除では譲渡所得から更に3000万円を差し引くことができます
つまり、もし譲渡所得が2000万円プラスの人でも特別控除を受ければ結果的にマイナス1000万円になるので譲渡所得税を支払わなくても売却をすることができます。
そのため、特別控除を受けることで売り主の負担を少なくできます。